rental

pt-dx670

レンタル価格

線

※単位:円(税別価格)

品名 品番 1日料金 2日料金 3日料金 以降1日毎
3チップDLP®方式
プロジェクター
PT-RQ22K 900,000 1,170,000 1,350,000 180,000

 ※上記の料金は予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。
 ※その他別途費用項目 ・機器設置/調整/撤去費 ・オペレーター費 ・運送費 ・コンテンツ費等

世界最小最軽量※1 。高輝度投写の新しい扉を開く4K+ SOLID SHINEレーザープロジェクター。

線

高精細4K+投写を世界最小最軽量*1ボディで実現。フィルターレスデザインで、新しい冷却システムと密閉光学ユニットにより、20,000時間※2メンテナンスフリーでお使いいただけるのが大きな魅力です。お持ちのPT-DZ21Kシリーズのレンズ資産を共用すれば投資回収にもつながり、最小限の投資で4K化、レーザー化することが可能。4K+映像を、世界最小最軽量※1ボディからかつてないコストパフォーマンスで再現。

※1  2018 年8 月現在。4K 解像度以上20,000 lm クラスのプロジェクターにおいて。
※2  運用モード「ノーマル」、ダイナミックコントラスト「3」、IEC62087:2008 ブロードキャストコンテンツ投写、温度35℃、海抜700 m、ほこり0.15 mg/m3 環境下での光出力半減までの時間です。20,000 時間を目安に、内部清掃を兼ねた点検を販売店にご依頼ください。使用環境によってメンテナンス時期が短くなる場合があります。

プロジェクター

SOLID SHINEレーザーテクノロジー

線
プロジェクター

基本仕様

線
機種 PT-RQ22KJ
プロジェクタータイプ 3チップDLP®プロジェクター
DLP®チップ 表示サイズ 0.9 型(アスペクト比16:10)
表示方式

DLP®チップ 3枚DLP®方式

画素数

4,096,000画素(2560 x 1600ドット)x 3 枚 総画素数12,288,000画素
クワッドピクセルドライブON時:12,288,000画素 x 4(フレームレート)総画素数49,152,000画素

リフレッシュレート 240 Hz※1
光源 レーザーダイオード
光出力 20,000 lm※2/21,000 lm(センター)※3
光出力半減時間※4 20,000時間[ノーマル]/24,000時間[ECO]
解像度 4K+(5120 x 3200ドット)クワッドピクセルドライブ:オン時、RGB信号入力時
コントラスト比※2 20,000:1(全白/全黒)[ダイナミックコントラスト:「3」時]
投写画面サイズ 70 ~ 1000型、70 ~ 600型(ET-D75LE8/ET-D3LET80使用時)、120 ~ 600型(ET-D75LE95使用時)(アスペクト比16:10)
周辺光量比※2 90 %
レンズシフト※5 上下(スクリーンセンターより) ±59 %(ET-D75LE6/ET-D3LEW60使用時:±56 %、ET-D75LE95使用時:+69 % ~ +84 %)(電動)
左右(スクリーンセンターより)

±29 %(ET-D75LE6/ET-D3LEW60使用時:±19 %、ET-D75LE95使用時:±21 %)(電動)

台形ひずみ補正角度 垂直:最大±40°(ET-D3LEW50使用時:最大±22°、ET-D75LE6/ET-D3LEW60使用時:最大±28°、ET-D75LE95使用時:最大+5°)、水平:最大±15°(ET-D75LE95使用時:最大0°
台形ひずみ補正角度
(アップグレードキットET-UK20適用時)
垂直:最大±45°(ET-D75LE10/ET-D3LEW10/ET-D75LE20/ET-D3LES20使用時:最大±40°、ET-D3LEW50使用時:最大±22°、ET-D75LE6/ET-D3LEW60使用時:最大±28°、
ET-D75LE95使用時:最大+5°)、水平:最大±40°(ET-D3LEW50/ET-D75LE6/ET-D3LEW60使用時:最大±15°、ET-D75LE95使用時:最大0°)
[垂直台形補正]と[水平台形補正]を同時使用時は合計で55°を超えて補正することはできません。
投写方式 垂直/水平 360°設置フリー
接続端子 SDI入力1端子 BNC x 1系統(3G/HD/SD-SDI、デュアルリンクHD-SDI [Link A]、デュアルリンク3G-SDI [Link 1]、クワッドリンクHD-SDI [Link 1]、クワッドリンク3G-SDI [Link 1])
SDI入力2端子

SDI入力2端子BNC x 1系統(3G/HD/SD-SDI、デュアルリンクHD-SDI [Link B]、デュアルリンク3G-SDI [Link 2]、クワッドリンクHD-SDI [Link 2]、クワッドリンク3G-SDI [Link 2])

SDI入力3端子 SDI入力3端子BNC x 1系統(3G/HD/SD-SDI、デュアルリンクHD-SDI [Link A]、デュアルリンク3G-SDI [Link 1]、クワッドリンクHD-SDI [Link 3]、クワッドリンク3G-SDI [Link 3])
SDI入力4端子

SDI入力4端子BNC x 1系統(3G/HD/SD-SDI、デュアルリンクHD-SDI [Link B]、デュアルリンク3G-SDI [Link 2]、クワッドリンクHD-SDI [Link 4]、クワッドリンク3G-SDI [Link 4])

MULTI PROJECTOR SYNC
入力端子
BNC x 1系統
MULTI PROJECTOR SYNC
出力端子

BNC x 1系統

シリアル入力端子 シリアル入力端子D-sub 9P x 1系統(メス型)、外部制御用(RS-232C準拠)
シリアル出力端子

SDI入力2端子BNC x 1系統(3G/HD/SD-SDI、デュアルリンクHD-SDI [Link B]、デュアルリンク3G-SDI [Link 2]、クワッドリンクHD-SDI [Link 2]、クワッドリンク3G-SDI [Link 2])

リモート1 入力端子 BNC x 1系統(3G/HD/SD-SDI、デュアルリンクHD-SDI [Link A]、デュアルリンク3G-SDI [Link 1]、クワッドリンクHD-SDI [Link 1]、クワッドリンク3G-SDI [Link 1])
リモート1 出力端子

SDI入力2端子BNC x 1系統(3G/HD/SD-SDI、デュアルリンクHD-SDI [Link B]、デュアルリンク3G-SDI [Link 2]、クワッドリンクHD-SDI [Link 2]、クワッドリンク3G-SDI [Link 2])

リモート2 入力端子 SDI入力3端子BNC x 1系統(3G/HD/SD-SDI、デュアルリンクHD-SDI [Link A]、デュアルリンク3G-SDI [Link 1]、クワッドリンクHD-SDI [Link 3]、クワッドリンク3G-SDI [Link 3])
デジタルリンク/LAN端子

デジタルリンク/LAN端子RJ-45 x 1系統、ネットワーク/デジタルリンク接続用(HDBaseT™準拠)、100BASE-TX、Art-Net、PJLink™(Class2)、Deep Color、HDCP2.2対応

DC出力端子 2系統USBコネクター(タイプA)、給電用(DC 5 V、2系統合計2 A)
拡張スロット

SLOT 1/SLOT 2 計2系統(空き)、SLOT NX仕様 インターフェースボード取り付け用

使用電源 AC 200 V ~ 240 V [8.5 A] 50/60 Hz(AC 100 V ~ AC 120 V [9.8 A]で使用すると光出力が約1/2に低下します)
消費電力 1,650 W(スタンバイ ECOモード時※6:0.3 W、スタンバイ ノーマルモード時:4 W)
騒音※2 46 dB
外形寸法(横幅×高さ×奥行き) 600 x 307※7 x 745 mm(突起含む) 598 x 270※8 x 725 mm(突起含まず)
質量※9 54.0 kg
環境条件 使用周囲温度: 0 ~ 45°C※10、使用周囲湿度: 10 ~ 80 %(非結露)

※1リフレッシュレートは垂直走査周波数によって異なります。
※2工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2015データプロジェクタの仕様書様式に則って記載しています。   測定方法、測定条件については附属書Bに基づいています。
※3「ノーマル」モード時の投写画面中央領域の光出力値で、工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しています。
※4運用モード「ノーマル」、ダイナミックコントラスト「3」、 IEC62087:2008ブロードキャストコンテンツ投写、温度35 ℃、   海抜700 m、ほこり環境0.15 mg/m3の条件下で、光出力が半減するまでの使用時間です。使用条件や使用環境によって光出力半減時間は異なります。
※5ET-D3LEW50使用時はレンズシフト機能を使用できません。
※6スタンバイモード:ECO時は、LANによりスタンバイオンするなどのネットワーク機能とシリアル出力端子が動作しません。
※7脚含まず。
※8WUXGA はVESA CVT-RB(ReducedBlanking)信号に対応しています。
※9平均値です。各製品で異なる場合があります。
※10海抜1,400 m以上 ~ 4,200 m未満で使用時には、使用環境温度は0 ~ 40℃になります。   [運用モード]を[ノーマル]、[ECO]に設定している場合、使用環境温度が次に示す値を超えると、プロジェクターを保護するために光出力が低下することがあります。    海抜2,700 m未満で使用する場合は35 ℃、海抜2,700 m以上 ~ 4,200 m未満で使用する場合は25 ℃。

white