rental

pt-dx670

レンタル価格

線

※単位:円(税別価格)

品名 品番 1日料金 2日料金 3日料金 以降1日毎
1チップ方式 DLP®
プロジェクター
PT-RZ970JB 180,000 234,000 270,000 36,000

 ※上記の料金は予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。
 ※その他別費用項目 機器設置・調整・撤去費 ・オペレーター費 ・運送費。

先進の半導体光源を採用した次世代プロジェクター
「SOLID SHINE LASER」

線

「SOLID SHINE レーザー」 プロジェクターは、従来のランプ光源 プロジェクターでは得られなかった 長期間にわたる画質・明るさの維持 と、高信頼性を実現しています。

【SOLID SHINE LASER のベネフィット】
●約 20,000 時間※2 連続運用を実現  
画質の劣化がなく、約 20,000 時間※1 もメンテナンスが不要。
大幅にランニングコストを軽減します。
●長期間、初期画質を維持  
画質・明るさを長期間にわたって維持します。
●優れた色再現  
Rec.709 に準拠した理想的な色域と正確なホワイトバランスを提供。
●高信頼性  
ランプを使用していないため、投写中にランプ切れする心配がありません。

※1、3 年または使用時間 20,000 時間の早い方となります。
※2 ダイナミックコントラスト:「3」モード、映像モード:ダイナミック時で、輝度が初期値の約半分になるまでの時間です。使用環境によって寿命が短くなる場合があります。

レーザー光源を採用し、
最大 10400lm( センター )/10000lm の高輝度を実現
さらに 10000:1※4 の高コントラストの実現など、高画質を追求。

線

最新の DLP® チップと新世代のレーザーダイオードを搭載し、最大 10,400lm(センター)※3 という高輝度を達成。明るく高精細な映像投写を実現しました。また、4 つの セグメントのカラーホイールを採用した「カルテットカラーハーモナイザー」により高輝度と鮮やかな発色を両立します。また、「ダイナミックライトコントロール」により、 輝度を損なうことなく 10,000:1※4 の高コントラストを実現。加えて立体感と鮮鋭感を向上する「ディテールクラリティプロセッサー 3」や 「システムデイライトビュー 3」機能他多彩な高画質技術を搭載し、解像度と発色に優れた高画質大画面を実現します。

※3 PT-RX110J/RX110JL の場合です。
PT-RZ970J/RZ970JL/RW930J/RW930JL は 10000lm(センター)/9400lm になります。
※4 ダイナミックコントラスト:「3」モード時。

レーザー光源の採用で約 20000 時間※2 連続運用が可能
厳しい環境での長期間使用を可能にした、高信頼性を実現

線

レーザー光源の採用は、ランプを用いた従来のプロジェクターでは得られなかった長期間にわたる画質・明るさの維持と、高信頼性を実現するとともに、ランニングコストの 軽減も可能にしました。約 20,000 時間※2 も光源のメンテナンスなしで明るさ・高画質をキープ。ランプ切れの心配も無く、運用の安心感を実現します。また、環境温度 45℃まで安定した動作を確保。過酷な環境したでも安定した運用を実現しています。

※2 ダイナミックコントラスト:「3」モード、映像モード:ダイナミック時で、輝度が初期値の約半分になるまでの時間です。使用環境によって寿命が短くなる場合があります。

マルチスクリーン投写時の利便性を向上する新機能搭載、
豊富なオプションレンズも用意、LAN ケーブル※5
1本で非圧縮の HD 映像と制御信号を伝送する
「デジタルリンク」にも対応

線

複数台投写により多彩な映像を実現する「マルチスクリーンサポート」機能使用時に、複数画面の画質を均質に保ち、見やすくする「コントラスト連動&シャッター連動」 機能を搭載。また、特殊形状のスクリーンに見やすい映像を投写できる「幾何学ひずみ補正」機能も搭載。さらに 360 度全方位投写も可能で、様々な投写スタイルに対応し ます。オプションレンズも多彩にラインアップ。設置環境に応じ最適なレンズが選べます。加えて、LAN ケーブル※5 1本で、非圧縮の HD 映像と制御信号を最大 150m※6 まで伝送できるデジタルリンクにも対応。様々なお客様のニーズにお応えします。

※5 CAT5e 以上の STP ケーブルをご使用ください。 ※6 別売オプションのデジタルリンクスイッチャー(ET-YFB200)と組み合わせてロングリーチモードで使用した場合に最長 150m までの伝送が可能です。 ただし、伝送できる映像は 1080/60p(1920×1080 ドット、ドットクロック 148.5MHz)以下に限られます。映像送出機が対応していない場合の最長伝送距離は 100m です。

最新技術で進化したSOLID SHINEレーザープロジェクター

線

最新のDLP®チップと新世代のレーザーダイオードを搭載し、明るく精細なWUXGA映像を投写。レーザー光源からの高出力に耐えられる高耐熱性の素材を蛍光体ホイールに採用。それをレーザー光源用に最適化したドライブシステムと組み合わせ、更にカラーホイール機構の最適化設計によって光源のエネルギーロスを低減し色再現性を向上させる「カルテットカラーハーモナイザー」により、高い輝度と鮮やかな発色を両立します。

優れたホワイトバランスと発色

線

「カルテットカラーハーモナイザー」技術により従来のプロジェクターより色域が広がり、ホワイトバランスも向上。白色が緑がかった色になりがちな他のレーザープロジェクターに比べて、PT-RZ970Jシリーズはよりピュアホワイトに近い色を再現し、自然でリアルな映像を投写します。

優れた画質を長期間維持

線

レーザー光源モデルは、ランプ光源モデルに比べて寿命が長く、長期間使用時の輝度の低下も緩やかです。メンテナンスの手間が省けるのはもちろん、長期にわたって高画質を維持し、安定した運用を実現します。

「ダイナミックライトコントロール」による10,000:1※7の
高コントラスト比を実現

線

レーザー光源の明暗を直接制御する「ダイナミックライトコントロール」により、輝度を損なうことなく10,000:1※7の高コントラスト比を実現。長期間運用しても、コントラストの低下がほとんどありません。また、シーン連動モジュレーションを完全なデジタル制御によって行うため、高精度な出力調整ができ、明るいシーンと暗いシーンが瞬時に、あるいは頻繁に切り換わる際にも精緻な明暗の表現が可能です。電力消費も抑えられ、経済的な運用にも貢献します。

立体感と鮮鋭感を向上させる
「ディテールクラリティプロセッサー3」機能

線

パナソニック独自の画質補正回路「ディテールクラリティプロセッサー3」は、シーンごとに映像信号の周波数を分析し、超高域・高域・中域・低域成分の分布情報を抽出。画面内の各エリアに適したエンハンス処理を行い、自然で立体感のある映像を再現します。

明るい環境でも鮮鋭感ある映像が投写できる
「システムデイライトビュー3」機能

線

明るい教室や会議室などでプロジェクターを使用する場合、照明や外光の影響で画面の視認性が低下することがあります。パナソニック独自の「システムデイライトビュー3」機能は、プロジェクターに内蔵したセンサーで環境照度を測定し、リアルタイムで適正な画質補正を行うことで、明るさ感を向上。明るい環境下でもメリハリのある見やすい映像を投写します。

医療用画像を見やすく再現する「DICOMシュミレーション」モード※8

線

医療用画像の標準規格であるDICOM part14に近似する映像モード「DICOM シミュレーション」により、レントゲン映像などを、より見やすく再現できます。カンファレンスや研修などで、大画面を用いて、大人数で情報共有が行えます。

黒レベル/白レベルの調整が簡単に行える「波形モニター」機能

線

ソース機器やシステム構成によって生じる入力信号レベルの微妙な違いを視覚的に把握できます。これにより、映像コンテンツ本来の「黒レベル」や「白レベル」を再現し、最適な映像表現が可能です。

HDTV(ITU-R BT.709)規格に準拠し、
HD映像に最適な「Rec.709」モード

線

デジタルテレビ放送やブルーレイディスクなどで用いられている色空間規格に準拠した「Rec.709」モードを搭載。HD信号を忠実に再現します。

フルHDもカバーする高解像度WUXGA※9

線

デジタル放送からブルーレイ/DVDまで、ますます進むワイドコンテンツ化と、パソコンのワイドアスペクト化を視野に入れ、PT-RZ970J/RZ970JLはフルHDもカバーする高解像度WUXGAにリアル対応。臨場感溢れるワイド映像をスクリーンいっぱいに投写します。

※4 PT-RW930J/RW930JLはWXGAリアル対応、PT-RX110J/RX110JLはXGAリアル対応です。

品  番

PT-RZ970JB

使用電源 AC100V 50Hz/60Hz
消費電力 1050W(1055VA)
ノーマル742W、エコ617W
ロングライフ1:410~588W、ロングライフ2:375~588W、ロングライフ3:349~588W
シャッター中:82W(周辺温度:25℃、標高700m、IEC62087:2008 ブロードキャストコンテンツ、映像モード:スタンダード、ダイナミックコントラスト2時)、
スタンバイ:エコモード時 0.2W、ノーマルモード時 3W、高速スタートアップ:オン時85W
DLP®チップ

素子サイズ:0.67型(アスペクト比16:10)

表示方式:DLP®チップ 1枚 DLP®方式

画素数:2,304,000画素(1,920ドット×1,200ドット)

レンズ

電動ズーム(1.7~2.4:1)、電動フォーカス方式:F=1.7~1.9、f=25.6~35.7mm [PT-RZ970JLにはレンズを付属しておりません]

光源 レーザー光源(レーザーダイオード、クラス1) 光源寿命:20,000時間で輝度半減(ノーマルモード時)/24,000時間で輝度半減(エコモード時)
投写画面サイズ 50型~600型(アスペクト比16:10時)、50型~200型(ET-DLE055使用時/アスペクト比16:10時)、100型~350型(ET-DLE030使用時/アスペクト比16:10時)
光出力※1 10,000lm(センター)※2/9,400lm
周辺光量比※1 90%
コントラスト比※1 10,000:1(全白/全黒)(ダイナミックコントラスト:「3」時)
解像度 1,920ドット×1,200ドット
対応走査周波数

SD-SDI信号入力時:
SMPTE ST 259規格準拠:(Y・CB・CR 4:2:2 10ビット):525i(480i)、576i(625i)
HD-SDI信号入力時:
SMPTE ST 292 規格準拠(Y・PB・PR 4:2:2 10 ビット):720(750)/60p、720 (750)/50p、1080(1125)/60i、1080(1125)/50i、1080(1125)/25p、1080(1125)/24p、1080(1125)/24sF、1080(1125)/30p
3G-SDI信号入力時:
SMPTE ST 424 規格準拠(RGB 4:4:4 12ビット/10ビット):1080(1125)/60i、1080(1125)/50i、1080(1125)/25p、1080(1125)/24p、1080(1125)/24sF、1080(1125)/30p、2K/24p、2K/25p、2K/30p
(Y・PB・PR 4:2:2 10 ビット):1080(1125)/60p、1080(1125)/50p、2K/48p、2K50p、2K/60p
HDMI/DVI-D/デジタルリンク信号入力時:
480i(525i)※3、576i(625i)※3、480p(525p) 、576p(625p)、720(750)/60p、720 (750)/50p、1080(1125)/60i、1080(1125)/50i、1080(1125)/25p、1080(1125)/24p、1080(1125)/24sF、1080(1125)/30p、1080(1125)/60p、1080(1125)/50p、
VGA(640×480)~WUXGA(1920×1200)*ノンインタレース信号のみ対応、
ドットクロック周波数:25MHz~162MHz
RGB信号入力時:
(水平)15kHz~100kHz (垂直)24Hz~120Hz (ドットクロック)20MHz~162MHz以下
Y・PB(CB)・PR(CR)信号入力時:
(水平)15.73kHz (垂直)59.9Hz[480i(525i)]、
(水平)15.63kHz (垂直)50Hz[576i(625i)]、
(水平)45.00kHz (垂直)60Hz[720(750)/60p]、
(水平)33.75kHz (垂直)60Hz[1080(1125)/60i]、
(水平)28.13kHz (垂直)50Hz[1080(1125)/50i]、
(水平)27.00kHz (垂直)24Hz[1080(1125)/24p]、
(水平)33.75kHz (垂直)30Hz[1080(1125)/30p]、
(水平)56.25kHz (垂直)50Hz[1080(1125)/50p]、
(水平)31.50kHz (垂直)59.9Hz[480p(525p)]、
(水平)31.25kHz (垂直)50Hz[576p(625p)]、
(水平)37.50kHz (垂直)50Hz[720(750)/50p]、
(水平)33.75kHz (垂直)60Hz[1080(1125)/60i]、
(水平)28.13kHz (垂直)25Hz[1080(1125)/25p]、
(水平)27.00kHz (垂直)48Hz[1080(1125)/24sF]、
(水平)67.50kHz (垂直)60Hz[1080(1125)/60p]
ビデオ/YC信号入力時:
(水平)15.73kHz(垂直)59.9Hz〔NTSC/NTSC4.43/PAL-M/PAL60〕、
(水平)15.63 kHz(垂直)50Hz〔PAL/PAL-N/SECAM〕

光軸シフト量※4

上下(電動):スクリーンセンターより+50%、-16%

左右(電動):スクリーンセンターより+30%、-10%(ET-DLE085使用時:+28%、-10%)

台形ひずみ補正角度

垂直:最大±40°(ET-DLE085/DLE05使用時: 最大±22°、ET-DLE030 使用時:最大+5°)
水平: 最大±15°(ET-DLE085/DLE055/DLE030装着時は使用できません)

<アップグレードキットET-UK20を適用時>
垂直:最大±45°(ET-DLE150/DLE250/標準レンズ使用時:最大±40°、ET-DLE085/DLE055使用時:最大±22°)
水平: 最大±40°(ET-DLE085/DLE055使用時:最大±15°)
垂直台形ひずみ補正と水平台形ひずみ補正の同時使用時は補正角度合計で55°までとなります。

投写方式 フロント天つり/フロント床置き/リア天つり/リア床置き、垂直/水平360°設置フリー
接続端子

SDI入力1端子(BNC)1系統 3G/HD/SD-SDI
HDMI入力端子(HDMI 19P)1系統 HDCP対応 Deep Color対応
DVI-D入力端子(DVI-D 24P) 1系統 DVI1.0準拠 HDCP対応 *シングルリンクのみ対応
RGB1入力端子(BNC×5)1系統 RGB/ Y・PB(CB)・PR(CR)/YC/VIDEO信号
RGB2入力端子(D-Sub 15P・メス型)1系統 RGB/ Y・PB(CB)・PR(CR)信号
SERIAL/MULTIPROJECTOR SYNC IN端子(D-Sub 9P・メス型)1系統 コントラスト連動/シャッター連動/外部制御用(RS-232C準拠)
SERIAL/MULTIPROJECTOR SYNC OUT端子(D-Sub 9P・オス型)1系統 コントラスト連動/シャッター連動/RS-232C連結制御用
リモート1入力端子(M3ジャック)各1系統 ワイヤードリモコン用
リモート1出力端子(M3ジャック)各1系統 連結制御用(ワイヤードリモコン用)
リモート2入力端子(D-Sub 9P・メス型)1系統 外部制御用(接点制御)
LAN/デジタルリンク端子(RJ-45)1系統 ネットワーク/デジタルリンク接続用(映像/ネットワーク/シリアル制御) 100BASE-TX Art-NET/PJLink™(class1)対応

キャビネット 樹脂成型品
外形寸法
(幅×高さ×奥行)
498mm×200mm(脚最小時)×581mm(PT-RZ970J:レンズを含む) 498mm×200mm(脚最小時)×538mm(PT-RZ970JL:レンズを含まず)
質量※5 約23.2kg(PT-RZ970J)
約22.4kg(PT-RZ970JL)
騒音※1 41dB
環境条件 使用周囲温度:0℃~45℃※6
使用周囲湿度:10%~80%(非結露)
付属品 電源コード(電源コード抜け防止カバー付)…1本、ワイヤレス/ワイヤードリモコン…1個、単4形乾電池…2個、アプリケーションソフト(ロゴ転送ソフトウェア/マルチモニタリング&コントロールソフトウェア)CD-ROM…1枚

※1 出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2015データプロジェクタの仕様様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書Bに基づいています。 ※2 JIS X 6911:2015データプロジェクターの仕様書様式で規定される光出力の測定方法に基づき。投写画面中央領域の光出力を抽出したもので、工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しています。 ※3 Pixel Repetition信号(ドットクロック周波数27.0MHz)のみ対応しています。 ※4 ET-DLE055 使用時は光軸シフト機能を使用できません。ET-DLE030 使用時は光軸が固定となります。正設置したときにスクリーンを見て上側と右側が+になります。(天つり時は下側と左側が+) ※5 平均値です。各製品で異なる場合があります。 ※6 海抜4,200m未満(ノーマルモード時)、および海抜2,700m未満(その他のモード時)で使用した場合の温度です。海抜2,700m未満で使用時に使用環境温度が30℃以上、および海抜4,200m未満で使用時に使用環境温度が25℃以上になると、輝度が制限されます。

【外形寸法図】

【投写関係寸法図】

【投写関係寸法図(ET-DLE030装着時)】

* Aの数値は、ズームレンズの特性により若干変動します。
* 投写距離が最短時は、ズームレンズの特性により、
 画像に若干の歪みが発生することがあります。
* 垂直キーストン(台形ひずみ)補正使用時は、所定の画面サイズより小さくなる方向で補正されます。
* ET-DLE055装着時は、光軸シフト機能を使用できません。

【投写関係寸法図(ET-DLE030装着時)】

* この寸法は、プロジェクター後面と壁面との間の距離ではなく、プロジェクター後面とスクリーン面との間の距離です。プロジェクターの後面と、壁や物との間に500mm以上の排気冷却スペースを確保してください。密閉した空間に設置する場合は、別途、空調設備および換気設備を設けてください。換気が不十分な場合、排気熱が滞留してプロジェクターの保護回路が働く場合があります。
* ET-DLE030装着時は、光軸はセンター固定となります。

white