CIMA LABORATORY

きょうじゅ
最近めっきり涼しくなりましたね。
じょしゅ
そろそろ ちゅーるアイスも たべおさめかな。。
こんげつは みなさま おまちかねの
ちゅーるアイスの レシピを しょうかいするよ!
きょうじゅ
おいおい!
・・聞こうではないか。(気になる。)
じょしゅ
まず ちゅーると おみずを よういするよ

じょしゅ
これをまぜて れいとうこで かためるよ

じょしゅ
これで ちゅーるあいすの かんせい♪

では じっしょく!

じょしゅ
・・・
これは・・うん。。
あー・・うん。。。

きょうじゅ
不評やないかい!
じょしゅ
ちゅーるは ありのままに かぎるね
きょうじゅ
さて・・本題に戻りまして・・

今月は、『シーマの機材ケース』について紹介したいと思います!

シーマでは、多種多様の映像・音響の機材を取り扱っています。
大きさ形もあらゆる多種多様がある中、
ケースにもこだわりを持って作っています。

自分達が使うのももちろんですが、
お客様に使ってもらう上で、不便なケースにならないような
ケースづくりを意識しています。
その中の一部を紹介しましょう。

紹介するケースは、販売も受け付けていますので
ぜひ、チェックしてみて下さい。

じょしゅ
せんでんも しちゃう!

【  折り箱 】

きょうじゅ
まずは、BlackMagicDesignの『ATEM Mini Pro

今ではたくさんの人が取り扱ってるのではないでしょうか。
これ1台とPCがあればライブ配信が出来る優れものです。

購入時は、この様なパッケージに入っています。

きょうじゅ
商品自体がすごくコンパクトな製品なので
ケースは、コンパクトかつ出し入れしやすいものを作りました。

きょうじゅ
本体に電源、必要な接続ケーブルが全て入っています。

ケース自体も非常に軽いですし、
ケースの開閉は、ケースの蓋が合わさる部分に
マグネットが入っていて、そこが合わさるので
開け閉めに何の手間もいりません。

 

じょしゅ
ねこのて でも しめれるよ

【 プラダンケース 】

きょうじゅ
次に紹介するのは、プラダンケースです。

プラダンケースは、シーマではもうおなじみになっていますが、
バージョンアップしているんですよ。


きょうじゅ
このモニターケースは、
いかに素早く手間なくケースの開け閉めが出来るかを
追求したケースです。

従来のケースは、モニターの画面と背面側に
白色のプラスチック製のものを使ってケースの上蓋と底面を重ねてロックさせていました。

きょうじゅ
これが、結構手間で
初めて扱う人には分かりづらいものでした。

新しくバージョンアップさせてたケースは、
モニターの側面にベルトとバックルを付けて
これで開け閉め出来るようになりました。

きょうじゅ
中のウレタンはそれぞれの機材に合わせた形にしていますが、
このモニターが使えなくなってしまった時は、
中のウレタンだけを新しい機材に合わせたものに変えれば
そのまま使い続ける事が出来ますよ。
じょしゅ
エコ!エス ディー ジーズ!!

【 ハードケース 】

きょうじゅ
続いて、ハードケースの紹介です。
やはりプラダンとはまた違って、一気に重厚感がでますね。

きょうじゅ
このケースは、プロジェクターのPT-RQ32用です。
プロジェクター本体はフレームをつけているので
約120kgにもなります。

やはり、機材の金額が高いものや重量があるものは
ハードケースにする場合が多くなります。

こちらのケースにも工夫ポイントがあります。

輸送時の注意を促す、ケアマークのプレートと
キャスターの色を赤色青色に分けることで機材の種類がわかるようにしています。
赤色はRQ32K青色はRZ31Kです。

どちらの品番も本体が同じ形状なので、ケースも同じになります。
そこで、ワンポイントのカラーを入れる事で
ひと目で判別出来るケースにしました。

きょうじゅ
そして、ケースの天板にも取っ手をつけました。

きょうじゅ
ここに取っ手がある事によって、
機材の運搬時の押し引きが断然しやすくなりました。

そして、先程とは違う品番になりますが
こちらは、PT-RQ22KJ用のケースです。
こちらには引き出しをつけています。

きょうじゅ
これによって、
ケースを閉めてから付属品を出し入れできるようになりました。
じょしゅ
いれわすれ だしわすれたときに べんりだね

そんなこんなでシーマのケースじじょうを おつたえしましたー

きょうじゅ
このように、機材の大きさ・重量・性能・運搬・使用方法など・・
それぞれの特徴に合わせてケースも選んで作っています。

今回、ケースの紹介をしましたが、
もちろん機材本体の販売もしていますので
機材とケースをセットで購入もオススメしますよ!

お気軽にお問合せ下さい
http://www.cima-net.co.jp/contact/contact.php

注文は10個から受付致します。
オンラインショップの方でも今後掲載を予定しています。

シーマのケースは、これからも進化をとげることでしょう。

じょしゅ
でも ダンボールも きらいじゃないよ。

じょしゅ
じかいもよろしーま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。