CIMA LABORATORY

じょしゅ
みなみなさま、こんにちはでございにゃす!

さむいきせつに なってきたよねぇ。

とうみんしたーーーーい!!

きょうじゅ
冬眠したい気持ちは十分わかる!

私も寒いのはすごく苦手です。

僕も引きこもりたい!アイラブKOTATSU!

しかし!この寒い季節だからこそなコトもありますよ!

それはずばりッ釣り!!寒い季節の魚は臭みが少なく脂乗ってて美味しいんだよ~

じょしゅ
ぼうとうから あつすぎぃ
きょうじゅ
今回のブログは特に寒さと関係無いのですが、先月ふらっと台湾に行ってきまして、空港で見た表示機が美しかったので自分でも作ってみたいなーと思った次第でございます。

きょうじゅ
台湾良かったですよ~!台南、台中、台北と北上してきたのですが、南の方がご飯が美味しく、少し古く感じる町並みが最高に良かったです。

アジア特有のバイクの多さがあり少々怖い時もありましたが、中国のように町中にLEDディスプレイが溢れているわけでもなく、LEDライトでも無い電球の明るさが心地よかったです。

じょしゅ
よだんが ながいな。
きょうじゅ
ほんまや。

話を戻しますが、台湾の空港で見たLEDディスプレイをネットで調べてみると同じようには作れなさそうですが、仕組みは簡単だったのでチャレンジしてみました。

ハーフミラーとLEDを組み合わせたもので、インフィニティミラーと言われているそうです。

材料-インフィニティミラー-

●ビッグミラー 31cm×22.8cm 108円/セリア

●ハーフミラー

ミラーのサイズに合わせたかったので、今回は好きなサイズで注文できるアクリ屋ドットコム様で注文しました。

透過率30%のものです。

ハーフミラーとは、明るい所から暗い所を見ると鏡のように見えて、暗い所から明るい所を見ると透けて見えます。

窓のカーテンと似ていますね。日中はカーテンを締めておけば部屋の中は見えませんが、夜はカーテンをしていても部屋が明るければ中が見えちゃいますよね。

なので、ミラーとして使用する際は、ハーフミラーの向こう側を暗くする必要があります。

●テープLED

テープLEDは第四十四弾で提灯を作った時の残りを使用しました。

きょうじゅ
このテープLEDは色が変えられて調光もできるので万能です。

作り方-インフィニティミラー-

きょうじゅ
これが至って簡単で、ざっくり作り方を言うと、ミラーとハーフミラーの間にLEDに入れるだけです。

テープLEDをミラーの周囲に巻きつけるため、フレームをアルミの廃材で作りました。

きょうじゅ
たまたまあった廃材で作りましたが、木の枠でも良いですし、ご自身の作りやすいもので作ってください。

作ったフレームにテープLEDをボンドで周りに貼り付けて、ハーフミラーと普通のミラーで挟みます。

きょうじゅ
電源を入れるとこのようになります!

じょしゅ
しゅごーーーい!!!

いんふぃにてぃ!!!!

・・・あれ?もしかして、これで、、、かんせい?

では、じかいもよろしーま!っていっていいの??はやくない?

きょうじゅ
ちょっと早すぎだよね、、やばいよね、、、

もう1個やろう!!!

ハーフミラーってやつは優秀でね、スマートミラーというものも、このミラーを使用しているらしいです。

スマートミラーとは、一見普通のミラーに見えるのですが、ミラーの中に映像・時計・天気などが表示されているもののことです。

材料-スマートミラー-

●ハーフミラー

スマートフォンor LEDディスプレイなど表示機

作り方-スマートミラー-

きょうじゅ
今回iPhone6+を使用したのですが、画面以外の部分を黒い紙で隠します。

簡易的に作ったのでペラペラの紙を使用しましたが、しっかり作る場合はしっかりした材質のものを使用してください。

スマホも今使用しているものを使ってはダメですよ!埋め込んじゃうので電話取れなくなっちゃう!

じょしゅ
わかってるよ!

きょうじゅ
スマホの輝度は最大にしておきます。

今回使用したアプリは時計アプリ(Audio Clock)でカッコ良さそうなのを適当にインストールしました。

ここまで準備が整えば、ハーフミラーを被せるだけぇぇーーー!カパッとな。

きょうじゅ
スマホを消すと、こんな感じ。

普通のミラーとして使用することが出来ます。

じょしゅ
WOW!VERY EASY!
きょうじゅ
그렇죠. 쉽게 만들 수 있습니다.(そうでしょ。簡単に作れます。)
じょしゅ
ここは どこやねーーーん!
きょうじゅ
いや、あまりにも簡単に作れすぎちゃうから、スパイス的なものが要るかなーって。
じょしゅ
かんこくごは あまりにもスパイシーだわぁ。
きょうじゅ
明るい所では、時計が見えにくいので電気をつけずに撮ってみました。

きょうじゅ
スマホを消すとこんな感じ。

じょしゅ
くらいところでしか ディスプレイがきれいにみえないなら ミラーとしてはつかえないよね。
きょうじゅ
するどいッッッ!!!

ミラーは通常化粧室などの明るい所で使用するものなので、一般家庭の洗面台で使用するのであればスマホレベルの輝度で見えるかもしれませんが、百貨店などの化粧室はピッカピカで眩しいくらいなので、やはりLEDクラスの輝度が必要になるでしょう。

今度中国で文字やアイコンだけ表示する簡易的なLEDディスプレイ買ってみましょうかね。

じょしゅ
それもいいね!

みなさま、ほんねんも たいへんおせわになりました。

らいねんも なにとぞ よろしーま!!

きょうじゅ
皆様、良いお年をーーー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。