CIMA LABORATORY

じょしゅ
みなみなさま、こんにちはでございにゃーす!
こんかいは ピーピーやっちゃうよぉぉお!

きょうじゅ
ピーピーって!
以前ラジオを使った金属探知機を作ったことがあるのですが、今回はスピーカーを使って簡易化、軽量化を図ってみました。
ラジオを使った金属探知機に興味のある方はこちらからどうぞ。

【スピーカーを使った金属探知機】

じょしゅ
あふれんばかりの てづくりかん・・・・!
きょうじゅ
この辺は期待を裏切りませんよ!シーマと言えば手作り!

そして手作り感!

まずは、金属探知機の構成を見ていただきましょう。

きょうじゅ
前回は検波からスピーカーまでの部分がラジオでした。

電波発生部分は前回と同様です。

1000KHzと1001KHzの電波を同時に発信すると、1KHzのビート音が鳴ります。(詳細後述)

どちらでもいいのですが、今回は1001KHzに金属の検知コイルを付けました。

検知コイルとは銅線を巻いただけもので、電気を流すことにより磁界が発生します。

これに金属を近づけると周波数が乱れ、1KHzのビート音の音色が変わり、キュイーンという音が鳴る仕組みです。

ラジオレスと言いながら、ラジオの代わりに作ったのは鉱石ラジオです。

チャンネルは回せませんが、ラジオなので電波の強いラジオを拾って聞くことが出来ます。

材料

・コンデンサ、抵抗、トランジスタ等(1000KHz、1001KHzの電波発生回路用/ブログ第十二弾同様)

・銅線(コイル用/108円)

・調味料容器(コイルホルダー用/108円)

・パーツケース(本体ケース/135円)

アンプ回路(300円)

・スピーカー(108円) 解体して中身だけ使用します。

・単3電池2本

・スイッチ(電池が勿体無いので、切れるようスイッチを付けました)

回路図

きょうじゅ
回路図の詳細は下記をご覧ください。

じょしゅ
あんごう みたいだね。

1000KHzを使用する理由

きょうじゅ
どうして1000KHzを使うかと言うと、2点理由があり、1点はAMラジオは530KHz~1600KHzまで受信できるのでラジオを使用すると便利だということ、もう1点は電波を発信するパーツも入手しやすいということが挙げられます。

今回はラジオを使用していませんが、パーツが入手しやすいので1000KHzを使用しました。

ビート音が聞こえる理由

きょうじゅ
通常、人間の耳が認識出来る音の周波数は20Hz~20KHzなので、1000Kレベルの音は認識出来ません。

しかし、1000KHzと1001KHzを重ねることによって1KHzの差の音がビート音として認識できます。

きょうじゅ
上半分の電波を直流化(検波)すると赤の周波数の低い部分が残り、これがラジオの音声であり、ビート部となり耳に聞こえます。

金属探知機の動作

じょしゅ
それ、ほんとうに つかえるの~?

タッパとか つかってるんだけどー!

きょうじゅ
タッパじゃないわーい!

パーツ入れ!見栄えはあまり良くないかもしれませんが、回路は間違ってないので十分使えます。

これを見よ!!!!!!

通常の反応

 

壁内部の鉄骨を探る

金属探知機を使ったゲーム

じょしゅ
ねーねー!ぼく、きんぞくたんちきを つかったゲームをおもいついたよ!

おやつあてゲーム!どこにオヤツがあるか あてるの!

きょうじゅ
面白そうだね!やってみようか!

コップを5つ並べて、中にオヤツとそれ以外の物をそれぞれ1つずつ入れて

金属探知機で音の違いでオヤツを当てようね。当てた物はプレゼントするよ。

じょしゅ
やったぁぁぁああ!!

きょうじゅ
パウチは金属ではないですが、オヤツに含まれる水分が磁界を乱し、音質が変わります。

金属と反応が同じなので、今回は代用品として使いました。

じょしゅ
いやーーーぜんぶあてちゃったよぉ~

ぼく てんさいじゃぁ~ん!

まとめ

きょうじゅ
先月のブログで、電子レンジで魚を焼くシートを紹介し、電子レンジも電波を使った商品だとお話しましたが、今回の金属探知機も1000KHzという電波を使った商品になります。

この世の中には電波を使った便利な商品で溢れていますよね。

電波を制するものは、生活を制する!

じょしゅ
うーん、うん?
きょうじゅ
何という微妙な反応!自分でもあんまり上手くないと思ったけども!

ハンダを使ったことがないレベルの方には難しいかもしれませんが、回路に興味のある方、もしくは勉強している方にはおすすめです。

じょしゅ
あ!!!!!あんなところに きょうじゅのカバンが!!

わすれてるんだ!!

そういえば、ぜんかいも おなじようなことが・・・・ということは!?

おまけ

じょしゅ
あるはず!

れいのものが!ぜったい!

 

じょしゅ
きたいを うらぎらない きょうじゅ、 すきだよ。

購入品は後日スタッフが美味しくいただきました。

じょしゅ
まいかい こんなブログだったらいいなぁ!

ではでは、じかいもよろしーま!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。