CIMA LABORATORY

みなみなさま、おはようございにゃす!

ぼくは、しょしんわするべからず がモットーだよ^^

ドライフードもおいしいけど やっぱり にぼしだよね。

何の話をしておるのだよ、なーんのっ(白目)

弊社は1961年に日本橋にラジオの修理工場として設立しました。

初心忘るべからず、原点回帰。ということで!今回は

VHS&HDD&DVDレコーダーを修理してみました。

私は入社して40年以上経ちますが、入社当初はテープレコーダーの修理を担当していました。

今回修理する商品

メーカー:TOSHIBA

商品名:VHS&HDD&DVDレコーダー

型番:RD-XV34

製造年:2005年

確認した不具合

・ビデオテープを再生するとノイズが出て映像が乱れる

P1180571-1

・DVDを再生し、数分すると突然電源がOFFになり、電源ボタンの緑の光が赤くなる

P1180574(2)-1

電気が入らなくなるわけではない。

 

HDDは問題ありませんでした。

修理工程

1.清掃

この清掃が一番重要です。

機材の中に埃が侵入し、邪魔をすることが大いにあります。

外側のカバーを外します。

P1180578-1

P1180576-1

きたなぁ~い ほこりだらけだね。。。

こちら側に吸気口がありました。しかし、本来は吸気口にフィルターが付いていて

埃をカットするのですが、なぜか付いていなかったのでこれだけの埃が付いてたのですねぇ。

これを外に持っていき、丁寧にエアで吹きます。

エアが無い方は、掃除機で埃を優しく吸い取ってください。

P1180582-1

2.部品の清掃

ここからの工程は難しくは無いのですが、あくまで精密機器を触ることになりますので

自己責任でお願いします。ネジの締め忘れ、部品の破損にご注意ください。

ネジを外す前に写真を撮っておくと、どのネジがどこのものか分かりやすいです。

まずはVHSの部分からです。

再生させた時に映像にノイズが走るのは、ほとんどが読み込みに問題があるからです。

この場合、テープを読み込むヘッドを清掃すると直る場合が多いです。

↑側面にある穴がテープの読み取り部分なので、ここを名刺のようなしっかりした

つるつるの紙を穴に軽く当て、左手でクルクルとヘッドを数周回します。

すると、このような汚れが取れます。

注:上の写真では当てた部分と汚れた部分が違いますが、当てたところに文字があり

汚れが分かりづらかったので、再度違う箇所でやり直しました。(ややこし)

そんなこんなでVHSの清掃は終わりです。

テープを入れて再生してみましょう!

P1180597-1

うつくしい!!!!ばっちりなおったね!

次は、DVDレコーダー方の清掃をしてみましょう。

レコーダーをごっそり取ってしまいます。

 

カバーや金具も取って、この状態にします。

埃は丁寧に掃除機で吸い込みます。

P1180617-1

透明な部分がディスクを読み取るレーザーなので、ここを綿棒で丁寧に拭きます。

P1180619-1

ねぇ、あそこ やけてない? なんか こげてるみたいなんだけど。。。

なんじゃごりゃぁぁあああ!!!

P1180624-1

電源部の基板の一部のようです。引きの写真がこちら↓

表面には部品が無いので、裏に部品が付いていて、それが焼けている可能性があります。

これは一旦全部取って裏返してみないとですね~。

なかなか根気が要りますが、もうしばらくお付き合いください。

本体を裏返し底面ネジの位置を確認し、また裏返してネジを1つずつ外していきます。

基板が外せたので、焼けた個所の背面を見てみると、、、

焼けた部品が見受けられます。。。

ただ、正直なところ、ここまで小さな部品で焼け焦げていると

何の部品なのかが分かりませんので、残念ながら修理不可です。。∑(゚□゚;)

きょうじゅなら きあいで どーにかなるでしょ? どうにかしてよ、きあいで!!!

ここまでくると、メーカーさんでしか無理じゃないかな。。

気合いで直せるならとっくに直しとるわっっ!!!!

ということで、ここはそっとしておいて、元通りに組みなおしていきましょう。

もう つかれたし、このてじゃ ネジもつまめないから おやすむね(つ_-*)。οΟ

こんな時だけ猫ぶるとは姑息なっ!!

そんなこんなでこの状態から↓

P1180632-1

元通りにしました。

するとですね、DVDを再生しても電源がOFFになることなく、機嫌よく動きました~!

この機材には、背面に排気ファンが取り付けられています。

本来、民生のプレーヤーでこれを見かけることはあまりありませんが、

この機材は、ビデオプレーヤー、HDD、DVDレコーダーと3つセットになっており

発生する熱量が多いので付いていたと考えられますが、熱量が多いのに

埃だらけだったので、部品に余計な負荷がかかり、無駄に電力が必要になり

部品が焼けたと考えることが出来ます。

再生されたということは致命傷ではなかったということですが、

いつ壊れてもおかしくない状況なのでHDDのバックアップなどはしておいた方が無難でしょう。

よくねた〜( ´ρ`)。o ○ なおった?

なんとっ!!!助手のくせに爆睡とはっ!!

弊社では少し業務の内容が変わり、現在は修理を行っておりませんが

清掃すべき点が分かっていれば、どなたでも意外と簡単に出来ます。

こういったプレーヤーは清掃するだけで再生されるようになることも多いにあるので

ご自身で試してみてはいかがでしょうか。

質問、やって欲しい実験、自作物などあれば気軽にコメントください^^

じかいもよろしーま!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。