CIMA LABORATORY

みなみなさま こんにちはでございにゃす。

さいしんの れーざーぷろじぇくたーを どうにゅうしました!!!

くわしくはこちら

パナソニックから発売された最新3DLPレーザープロジェクター(PT-RZ12KJ)です!

レンタル可能ですので、みなさま気軽にご連絡お待ちしております。

さっそく えいぎょうかーーーーーい!!

以前6500lmのレーザープロジェクターと8500lmのランププロジェクターを

比較実験したのを覚えていますか?

第十七弾 レーザー光源VS ランプ光源プロジェクター投影比較実験

今回はこのPart2として新しく導入したレーザープロジェクターと

20,000lmのランププロジェクターを比較したいと思います。 要領は前回と同じです。

【使用機材】

3チップDLPレーザー光源プロジェクター/12,000lm/PT-RZ12KJ

3チップDLPランプ光源プロジェクター/20,000lm/PT-DZ21K

ミラーレスデジタル一眼4Kカメラ/DMC-GH4

・照度計

【実験方法】

事前にレーザー、ランプ共にホワイトバランスを調整しておきます。

この調整は、プロジェクターの色味を確認する実験のためです。

1.レーザーの輝度感を目視と照度計で確認します。

仕様的に輝度が8000lmも違うので、輝度の比較ではなく

レーザーの輝度感を見るだけです。

2.色再現性を目視とベクトルスコープで確認します。

では、実験に入ります。

1.レーザーの輝度感を目視と照度計で確認

前回と同じように花の写真で比較してみました。

左がランプで右がレーザーです。

P1100436G-2

やっぱりランプしきのほうが あかるいね。

プロジェクターの構造上、白色を投影する際にフルパワーを出すので

画面上の白色を見れば、そのプロジェクターが持つ実力を見ることが出来ます。

上部の画像を見ると、雲が明らかにランプ光源の方が明るいですね。

しかし、花の部分はそんなに違いが分かりません。

これは、光りも音も人間の感覚に刺激を受ける大きさは

出力が2倍になっても2倍大きくなったと感じないことに起因します。

どんなに大出力のプロジェクターでも素材が暗い時は出力も小さく

全白の時に大きな差が出ます。まぁ、人間の目なんて不確かなものです。

いくら不細工な猫でもずっと一緒にいると可愛く見えるものです。

だれのこと いってるのぉーーー!!??

ということで、照度計で測定してみましょう。

まずはレーザー光源です。4010[lux]

次にランプ光源です。5000[lux]

1000[lux]も違いますね。

ランプ光源の輝度が仕様書通り20,000lm出ていると仮定すると

レーザー光源は仕様的には12,000lmですが16,000lm以上出ているという結果になります。

前回実験したRZ670もそうですが、レーザー光源は仕様書以上の輝度を発揮するみたいですね~

2.色再現性を確認する。

色再現性を見るために、ランプとレーザーが同じ輝度になるよう

ランプ光源のプロジェクターを調整します。約2割下げました。

同等の輝度に出来たので、色んな画像を投影してみましょう。

左がランプ光源プロジェクター、右がレーザー光源プロジェクターです。

写真は肉眼で見たのとほぼ変わりません。

1,

P1100433ss-2

2,

P1100435ss-2

3,

P1100443ss-2

4,

P1100440ss-2

5,

P1100439ss-2

6,

P1100438ss-2

joshicon1~3はちょっと ちがいが みえるきがする。。

これもですね~色再現性の高いモニターでご覧になられていましたら

多少なりとも色の違いが見られるのですが、ね、再現性が高くないモニターでしたら

違いがほとんど分からないかと思います。。

ぼくのはダメだーーーーほとんど おなじにみえるーーー

前回実験したレーザー光源プロジェクター/PT-RZ670は

ランプ光源プロジェクター/PT-DZ870よりもマゼンタとブルーの色再現性が高く(↓画像参照)

colorbar

視覚的にも違いというのは見て取れましたが、今回は、、、

そこまでの違いは出てないですね。ほぼ粗探しレベル。

姑が嫁の家に来て、わずかに残った埃を指でなぞる程度です。

joshicon≪たとえが ひるドラ。

カラーバーではどうなのか表示させてみました。

joshicon≪おーるもーすと せいむ

若干色の濃さに違いがあるように思いますが、視覚的な明らかな違いはほとんど分かりません。

ここはPremierePRO CS6のベクトルスコープで見てみましょうか〜!!!!!

joshiconいでよっっ ベクトルスコーーーーーーーーーープっ!!!!

べ≪お呼びかな。

ベクトル説明

まず、ベクトルスコープの見方について簡単に説明します。

ベクトルスコープとは、「色相」と「彩度」を測定、表示するものです。

「色相」とは、色の種類で、「彩度」とは色の濃さのことです。

円の周囲に色相(色の種類)があり、円の中心から外側に向かって彩度(色の濃さ)が表示されます。

色が濃ければ濃いほど、光点(緑色の点)が外側に表示されます。

点と書きましたが、基本的には撮影した写真などは単色ではないので、

基本線状の塊っぽいもので表示されます。

上図の光点が真ん中にあるのは、黒い画像で表示させたからです。

黒は無彩色、無色相です。

正式な色で作成されているカラーバーでは、どのように表示されるのか見てみましょう。

正式な色とは、例えば赤だとR:255、G:0、B:0となります。

R以外の数値は一切入っていない状態です。

補足ですが、プロジェクターやテレビなど電子系の色はすべてRGBで構成されています。

マゼンタはR:255、G:0、B:255です。255がMAXの数値になります。

joshiconこのせつめいは ぜんかいの コピペね。

その暴露、別に要らないけどね。

正しい色で作られた画像のベクトルスコープはこのように表示されます。

カラーバー2-3

では、いざレーザー光源とランプ光源のカラーバーを比較してみましょう。

カラーバーの下の部分が余計な影響を与え、見づらかったのでそれぞれの上の部分だけ↓を

表示させて測定しました。

ベクトル

joshicon!!( ; ロ)゚ ゚!!( ; ロ)゚ ゚!!( ; ロ)゚ ゚!!( ; ロ)。。 ぎょぎょぎょ!!!!!!

目玉飛び出てるから、戻してあげて。

この結果から見ると、RZ670の発売以降に手を加えて

ランプ光源の色再現に近づかせたと考えるのが妥当でしょう。

ランプ光源とレーザー光源をマルチ的に投影しようとしても

色の差が出て使えないということを避けるためでしょうか。

レーザープロジェクターの中身がランプ光源ではないかと思うほど

色の違いがありません。よくここまで追い込められたのはPanasonicさんの

技術ならではだと思います。さすがです。

ここからは会社的見解ではなく、個人的見解ですが、ベクトルスコープで見るとRZ670の

方が色の忠実性は高かったわけですよね。

joshicon『第十七弾 レーザー光源VS ランプ光源プロジェクター投影比較実験』

レーザーの方が色再現性が高いにも関わらず、ランプ光源の色再現性と同じに

し続ければ、ランプの枠から出られなくなるのではと少し心配してしまいます。

余計なお世話だよっ!!という声がPanasonicさんから聞こえてきそうですが

今後のレーザープロジェクターにも注目していきたいと思います。

joshiconじかいもよろしーま!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。